2016/04/17

防錆塗膜の形成 「rust blockade」塗布

ブラスト施工で古い塗膜や錆を落とします。
2ba2170873s.jpg


次に錆び対策。

P○Rなんかが有名で 昔から使ってきましたが、鉄板への密着より、塗膜形成のほうが強く、湿度硬化型で、臭いが兎に角、キツく人体にも凄く悪そうなので、 K's blastでは「rust blockade」という商品を使用しております。

P○Rなどと一緒で、錆びの上でもガッチリ密着し、空気、水、そしてガソリンなんかも通しません。
P○Rより、密着度を向上させ、臭いも随分 緩和し、温度硬化なので、冷蔵庫の中に保管しとくとかなりの期間 使用可能。
硬化するとガラスの様な塗膜を形成し、ちょとやそっとじゃ〜剥がせません。

一般的な塗膜に対し、空気や水分は塗膜を通り、鉄板へ届いてるそーです、その水分量は極微量でしょうが、コレが鉄板が1枚物でも錆びる原因の大部分かと。鉄板の合わせ目だと、湿気が留まり易いので余計ですね。

85e6301665s.jpg




「rust blockade」は透明なのでクリアを塗ったみたいにツヤがでます。
完全硬化すると、ガラスの様な塗膜で、ペーパーは歯が立たないし、パテも塗装も密着しません囧rz
そこで、タイミングを見計らって、プライマーを塗装してやります。
プライマー施工のタイミングや塗膜の厚さにちょとしたコツが要りますが、そこは経験がモノをいいます。


これで 錆びるのを気にせず作業が進められます。

足付け研磨後、ペースト版rust blockadeで小穴を塞ぎ パテ付けしました。
421e3e9c57s.jpg


パテを面だしして、再度 rust blockadeを塗布。

パテが水分を吸うのを防止したり、パテ研磨で鉄板が出た所を再度 rust blockadeする為です。
72b3a17eb0s.jpg


最後にプラサフを吹き 塗装作業へと移ります。
cb46739dafs.jpg

せっかく ブラストまでして錆を落とすのですから 再度、錆が発生しないよう最大限の努力を惜しまず作業いたします。

これが完成形ではなく もっと良い方法が無いか 日々 模索しております。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

時代は令和に変わり 昭和の車が平成という時代をまたいでしまいました......
良い個体も 酸化との戦いに疲弊し疲れが出てることでしょう(*_*;

表面の鉄板防腐処理をご紹介してますが、内側もなるべく処理したいという思いも
お伝えすべく更新させて頂きます、

なかなか伝わり難いのですが 鉄板同士の合わせ面や折り返し面にめがけて、
そして 洗車時の水の通り道 などを重点的に 可能な限り 防腐剤を流し込むと......
20190502094539cc0.jpeg
2019050209450627e.jpeg
201905020944563d3.jpeg
鉄板の合わせ面から流れ出てきます。
水の通り道、水の溜まる場所ともなるので この作業の恩恵たるや表面処理の比ではないでしょう......

-フルレストアー って どこまでやれば謳えるのでしょう( ..)φ
求める車の使い道で必要な作業工程も異なり 仕上がりの形も違ってくる......
KsBLASTとしましては -イベントのみのショーカー- よりも -日常に使える車-
になるような施工をさせて頂きたいと願う所存であります( ..)φメモメモ
スポンサーサイト



2016/04/16

 大きな錆穴の補修 「rust blockade」の施工方法

古い車の泣き所のひとつ、サイドステップ
1.jpg

このS30Zでも傷みやすい箇所のようで腐りによる大穴が空いてます。

大きく空いた穴も 「rust blockade」を使い補修していきます。

溶接で鉄板をあてる補修法が一般的だと思いますが ボディ側の鉄板が錆て痩せてしまっている為 強度的に弱いままですし、
痩せてしまった鉄板に しっかり溶接するのは困難。実際 溶接できない個所も出てくると思います。

そこで「rust blockade」を使えば たとえ表面錆が残っていても 痩せた鉄板にガッチリ密着し、厚みを増す事で 痩せてしまった鉄板の強度も増すことが出来ます。


とりあえず、粗ブラストで錆びを除去
2s.jpg


再度、細かくブラストした後、大穴の中にrust blockadeを注入し錆び対策。

その後、FRPをrust blockadeで貼りつけ その上から、FRPを刻んで造ったペースト状のrust blockadeをパテを塗る要領で施工。
3s.jpg


乾燥後 足付けしパテにて整形。
4s.jpg



パテの上から、再度 rust blockadeを塗装しプライマー処理
5s.jpg

鉄板を溶接して塞ぐと溶接した箇所から錆びが発生してしまい、パテが浮いてきてるのを良く見かけますが、

この施工方法なら、鉄板の酸化を防げ、錆の発生を極力抑えられるのが利点です。

ボディ側の鉄板強度を上げ、錆対策も行える 良いことずくしの補修法のご紹介でした☆
KsBLAST流 防腐処理の拘り施工法
rust blockade 小売販売